知っておきたいパーキンソン病の基礎知識

  • HOME »
  • 知っておきたいパーキンソン病の基礎知識

知っておきたいパーキンソン病の基礎知識

知っておきたいパーキンソン病の基礎知識

高齢社会となるにつれてパーキンソン病を発症する方が増えています。パーキンソン病と似た症状が見られる病気には脳卒中や硬膜下血腫がありますが、これらの病気とは違いCT検査やMRI検査など神経疾患の臨床検査では異常が見られないことも特徴です。ご家族の気付き、病気への理解は、病気の進行を遅らせる助けにもなります。少しでも負担を軽減するためにもパーキンソン病について知っておくことをおすすめします。

パーキンソン病とは

パーキンソン病は主に40代、50代に発症し、ゆっくり進行する病気です。脳の神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少することで発症すると考えられています。うつ病の合併が多く、ご家族の方が気付くというケースも多く見られています。

パーキンソン病の主な症状

振戦(しんせん)

パーキンソン病のなかで代表的だともいえる症状です。何も動作をせずにリラックスしている際に手足がふるえる症状で、動作をしようとするとふるえが止まります。初期段階では体の片方に強く表れます。

無動

表情や全体の動作などが遅くなってしまう症状です。動くまでに時間がかかり、歩みもゆっくりになります。思うように表情が出せなかったり声が出なかったりするため、無表情になったり声が小さくなるという特徴があります。

姿勢反射障害

人とぶつかったり、押されたりするなど体のバランスが崩れた際、すぐに体の体制を立て直すことができないためつまづいたり転んだりすることが増えます。そのため、前かがみで歩くようになります。

筋固縮

筋肉がこわばってしまい、手や足がスムーズに動かなくなってしまいます。筋固縮の方の手や足を動かそうとすると、関節も硬くなっているためまるで歯車があるような引っ掛かりを持ちます。

このようにパーキンソン病は主に運動障害が症状となって現れます。運動障害が悪化すると寝たきりとなってしまう恐れがあり、患者様だけでなくご家族の方にとっても大きな負担となってしまいます。

新潟県長岡市に拠点を構えている当院では訪問して施術を行っております。
そのため、おひとりでの通院が困難な方もお気軽にご相談ください。
健康保険が適用されるため介護ケアプランに影響がないのが特徴です。

訪問リハビリを受けている方でも当院の鍼灸や接骨などの施術をご利用いただけます。
長岡市や見附市などの地域を中心に訪問サービスをご提供いたします。
訪問リハビリとお時間が重ならないよう、相談に応じますのでご利用ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0258−72−4788 〒940-2402 新潟県長岡市与板町与板乙1582−3
診療受付時間 月曜~土曜 8:30〜12:00/15:00〜19:30 (日曜・祝祭日休診)

PAGETOP