交通事故に遭遇したときの対応

  • HOME »
  • 交通事故に遭遇したときの対応

交通事故に遭遇したときの対応

交通事故に遭遇したときの対応

不意に交通事故に遭遇すると、何をすればよいのか判断出来ずパニックになる方が多くいらっしゃいます。
確認するべきことがわかっていると、落ち着いて対応することが出来るでしょう。こちらでは、交通事故に遭遇した場合に確認するべきことをご紹介いたします。新潟県長岡市周辺で、交通事故による痛みにお悩みなら、長岡市の鍼灸接骨院である当院へお気軽にご相談ください。

確認するべきポイントとは?

事故から時間が経つと、記憶があやふやになってしまうものです。そのため、事故の瞬間の状況などをメモしておいて、加害者と被害者双方で確認しておきましょう。事故を目撃した方に話を聞くことが出来れば、事故当時の状況を明確にすることが出来ます。

また、事故によって付いた道路の傷や車輌に付いた傷などを写真に撮っておくと、状況判断に役立ちます。
被害者の方は、加害者の方の情報を詳しくメモしておきましょう。車種・車のナンバー・免許証情報も写真に撮って記録しておくことをおすすめします。また、連絡先は必ず交換するようにしましょう。

当事者の安全が第一です

もし事故で怪我を負った場合は、安全確保を最優先に考えて行動してください。後続車輌による二次被害を防ぐために、車のハザードランプを点滅させることと発炎筒の点火などが効果的です。そして、移動が可能な場合は安全な場所に移動してから事故についての話し合いを行いましょう。怪我をしていない場合でも、強い衝撃を受けている際は後から痛むこともあるため、病院へ行くことをおすすめします。

警察への連絡は忘れずに

事故の手続きには「交通事故証明書」が必要です。必ず警察へ連絡して証明書を発行してもらいましょう。
念のため、事故の対応をした警察署と担当官の名前を控えておくことをおすすめします。

交通事故による怪我はむちうちなどの後遺症が現れることが多いため、病院での交通事故治療だけでなく、鍼灸接骨院で施術を受けることをおすすめします。

自賠責保険は強制保険であるため、自動車を所有している方は誰でも加入しています。
この保険は自動車に掛けられるものなので、自動車に乗って事故に遭った場合、運転者が誰であっても適用になります。交通事故の場合、相手の任意保険や自賠責保険が適用されるので、自己負担金は¥0です。安心して施術に専念できます。

念のため、一度レントゲン検査など病院で診療を受けた後、当院に通いたいと保険会社に連絡するか、直接いらしてください。当院から保険会社へ手続きを行います。新潟県長岡市にある鍼灸接骨院の当院では、国家資格を持ったスタッフが丁寧に施術を行います。むちうちなどの交通事故治療や神経痛などのつらい症状も「たかじん鍼灸接骨治療院」にお任せください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0258−72−4788 〒940-2402 新潟県長岡市与板町与板乙1582−3
診療受付時間 月曜~土曜 8:30〜12:00/15:00〜19:30 (日曜・祝祭日休診)

PAGETOP